日本語

中文 English

晋能ホールディングス

 

晋能ホールディングスグループは元の同炭グループ、晋炭グループ、晋能グループの3つの企業が共同で再編成したもので、同時に潞安グループ、華陽新材料科学技術グループの石炭、電力、石炭機の装備製造産業関連資産を統合し、そして、企業改革後の中国太原石炭取引センター有限公司を転換しました。登録資本は8131億9000万円(77.4億ドル)、資産総額は18兆528億1800万円(1718.5億ドル)に達し、石炭生産能力は約4億トンで、電力設備容量は38.15GW、石炭機械設備製造資産規模は5996億2028万円(57億ドル)である山西エネルギーフラッグシップになる。

石炭産業を重点的に行い、電力産業を強化し、スマート装備製造業を大きくする。晋能ホールディングスグループは「グループ化管理、ブロック化運営、専門化発展」の構想に基づいて、晋能ホールディングス・石炭業グループ会社、晋能ホールディングス・電力グループ会社、晋能ホールディングス・設備製造グループ会社、中国太原・石炭交易センター、晋能ホールディングス・山西科学技術研究院、晋能ホールディングス・財務公司の6つの二級子会社「革新的、グリーン、優れた効率的」の精神で、晋能ホールディングスは、高度な技術と高効率を特徴とする、一流のインテリジェントで環境に優しい現代エネルギーグループの構築に全力を尽くします。