日本語

中文 English

発電事業用 痲城110MW

当該プロジェクトが、太陽光発電技術を農業に活用する発電所の開発・整備に位置付けられ、浜辺の荒地によって、太陽光発電技術を農業の栽培や養殖に結合し、土地の立体化による高付加価値利用を実現するとともに、現在の高効率的な農業を成長させ、さらに、ゼロ炭素のグリーンエネルギーを開発し、それによって、エネルギー利用構造の調整を促進させ、痲城における電力需要の高まりに関するニーズを満たし、さらに、さらに現地の住民を対象とする就業機会を拡大する。2015年12月、当該プロジェクトの全面的な併合発電が行われた。

関連製品