日本語

中文 English

発電事業用 涼山20MW

当該プロジェクトは四川省涼山州会理県に位置し、発電総量は20MWとなり、さらに、荒山に整備工事が行われ、2015年に併合発電が本格に行われた。四川会理県は山が多いので、従来のエネルギーの利用が不便であり、だが、現地の太陽光熱エネルギーが豊富であり、年間の日照時間が長い、非常に太陽光発電プロジェクトの遂行に適合する。当該プロジェクトの併合発電によって、現地の電力利用に関するニーズを満たすとともに、現地の再生可能エネルギーの開発を促進させる。

関連製品