日本語

中文 English

発電事業用 方山・劉家荘18MW

20175月に当該プロジェクトの併合発電が本格に行われた。当該プロジェクトは、中国能源局や国務院貧困救助弁公室の認定を取得した最初の太陽光発電貧困救助プロジェクトであり、当該プロジェクトに対し、晋能科技は「トップランナー」技術標準を満たす高効率多結晶太陽電池モジュール18MWを提供した。当該プロジェクトの併合発電を実現してから、石炭による排ガスや二酸化炭素の排出量をそれぞれ220,210トンや572,525トン削減すると相当し、環境保全による収益性が高いし、それによって、年間3,000元の収入を貧困世帯にもたらす。

関連製品