日本語

中文 English

晋能科技:先端技術路線をレイアウト 海外市場を開拓

12月5日、中国太陽光発電業界年度大会並びに革新発展サミットは深センにおいて盛んに開催された。中国太陽光発電業界協会副理事長と秘書長王勃華は2019年中国太陽光発電産業発展状況について深く分析した、王勃華は、2019年国内太陽光発電市場設置容量、着工状況が予期水準に達していなっかたが、我が国太陽光発電産業の各環節は安定的な発展を実現した、2019年太陽光発電製品全年輸出額が200億米ドルを超える見込みである。通常価格グリッド接続時代の到来につれて、太陽光発電は速めに結合し、業界集中度はますます高くなる、と指摘した。

晋能科技総経理楊立友博士はインタビューで「通常価格グリッド接続時代の到来につれて、業界の集約化、専門家レベルはますます高くなる。規模と技術でリード地位を保たなければ、業界で更に良い発展を遂げない。同じ技術についても、発展も非常に速い。例えば、六ヶ月前或いは十二ヶ月前の生産ラインと比べて、既存のPERC生産ラインは効率が更に高くなった。会社にとって現在は生産能力を高め、プロセスをグレードアップする最適な時である」を表した。

三代先端技術路線、生産能力は大幅に向上

太陽光発電産業先端技術の風向計として、晋能科技は既に高効率多結晶、高効率単結晶、超高効率異質構造三代先端技術のレイアウトを実現し、成功的に世界トップ5%の最も技術とコスト競争力を有す電池とユニット生産企業の列に入った、中には、会社の超高効率異質構造ユニット平均効率は既に23.85%に達し、今年年末まで、量産平均効率が24%に達する見込みである、積み重ねビッグシリコンスライス、MBB、ハーフスライス技術の四代晋能科技異質構造両面ユニット出力は530Wに達する。

現在、晋能科技は文水と晋中という二つの製造基地を有し、生産総能力は2.2GWに達し、中には、異質構造は100MWである。2020年まで、晋能科技は2.3GWの生産能力を高め、生産総能力は4.5GWに達する見込みである。

如何に2.3GWの生産能力を高めるかについて、楊立友博士は「新しい電池生産能力は山西の既存工場と職場を共有する。我々は既に園区を選び、施工が完成したら良い。将来、会社は絶えず業界における最も先進な技術と設備を取り入れ、効率が更に高く、コストが更に低い製品を生産する」と表した。

海外市場を開拓し、核心的競争力を構築

IRENAの予測によると、2030年世界太陽光発電設置容量は2.48TWに達し、2050年8.5TWに達する。政策とサプライチェーン価格の影響を受け、2019年、オランダ、スペイン、ウクライナ等海外市場は予期以上に発展を遂げ、日本、インド等市場は依然として強い勢いを示した。

先進なユニット技術、豊富な海外プロジェクト経験に頼り、晋能科技はインドの大型会社と顧客に良好な評価を獲得した、インドも現在晋能科技の重要な海外市場の一つである。晋能科技はインドにおいて累計で1GW出荷した。その他、会社の高効率製品は既に成功的に日本、韓国、オーストラリア、ドイツ、ウクライナ、シンガポール、ベトナム、パキスタン、ブラジル、アルゼンチン等国家をカバーしている。

楊立友博士は「有利な政策が絶えず発布され、電力コストが絶えず低下するにつれて、太陽光発電産業の発展見通しは非常に甘い。会社は業界の最新政策に応じて引き続き高効率な技術を研究開発・革新し、多元化の高効率製品を以て国内外市場の需要を満足し、海外市場シェアと太陽光発電製造産業の国際影響力を拡大する」と表した。