日本語

中文 English

太陽光発電技術を「リード」するジンネルギーは2017 年度のTracker革新大賞を受賞

2017年8月30日、『21世紀商業評論』及びTrackerに主催される「2017年度のTracker革新大会・Tracker革新大賞の授賞式」は無事に上海に幕を下ろした。山西省最大手の太陽光発電モジュールメーカー・ジンネルギーは太陽光発電産業をリードする技術の素晴らしい革新や開発に基づき、「2017 年度のTracker革新大賞」を受賞した。

関連情報によって、今回の革新大会は、21世紀の革新性のある企業及び人物並びに高効率なビジネスモデルを模索することを目的としており、グローバルなビジネス環境の絶えない革新に対し、さらに多い中国系企業のために価値を作り上げている。今回の大会の重要な活動として、Tracker革新大賞の審査チームは業界別のリーダーからなり、「革新+、潜在力+、成長+」という3つの要素から評定・審査のことを配慮し、さらに、6つの要素から企業間の競争を展開し、21TrackerTOPリストになる。太陽光発電産業をリードするランナーとして、ジンネルギーは技術の持続的な開発、生産の知能化、製造の柔軟化などの知能化に関わる製造戦略に基づき、太陽光発電産業をリードするばかりでなく、今回の革新大会に参与した数百社から最後の勝利をおさめ、京東、猫途鷹、美図などの立派な企業と一緒に「2017 年度のTracker革新大賞」を受賞した。

ここ数年、ジンネルギーはいつまでも「世代ごとの生産、試製、開発」という持続的な成長戦略を貫き、高効率型多結晶太陽電池、PERC技術による高効率単結晶モジュール、高効率ヘテロ接合( HJT)モジュールなどの第3世代の先端技術の事業戦略目標を実現させた。現在、ジンネルギー術の280Wクラスの高効率型多結晶太陽電池が量産され、60セル・高効率単結晶モジュール(295Wクラスや300Wクラス)の量産を実現しており、当該製品の出力が310Wとアップされると見込む。高効率型多結晶太陽電池が大規模に量産されるとともに、ジンネルギーのHJT量産技術も大成功をおさめ、関連製品の量産も実現する。

ジンネルギーの副社長・譙鍇氏は「この重要な大賞を受賞して、本当に嬉しい、それは、当社のここ数年の技術革新でのこの上ない努力に対する奨励だけでなく、将来、ジンネルギーは高効率な発電技術での更なる発展を促進させる。2020年まで太陽光発電公定価格買取という目標を実現するため、当社は革新を持続しており、HJTをはじめとする重要な技術の開発に取り組み続け、3年以内にHJTモジュールの量産コストを0.4米ドル/ワットまで下げ、競争力がさらに向上される産業体制を構築し、中国における太陽光発電産業の持続可能な成長を促進させる」と語った。