日本語

中文 English

晋能グループについて

元山西煤炭運銷集団と山西国際電力集団の合弁・再編により国営エネルギーグループである晋能集団有限公司は2013年5月に設立しました。

晋能グループは、「伝統的なエネルギーの清潔化、クリーンエネルギーの収益化」という成長理念に基づき、「1366」という成長戦略の遂行に取り組んでおり、最先端のクリーンエネルギーグループになることを目指し、急成長、高効率的な運営、高度な品質といった「3つの目標」の実現を目指し、人材、安全、環境、誠実、革新、収益など「6つの理念」を積極的に実践し、革新的な管理、改革、リスク防止、文化建設など「6つの措置」を取る上、企業の改革を強化し続け、企業形態の転換を促進し、クリーンエネルギーを主要な事業、石炭、電力(グリッド)、不動産を副次的な事業とし、近代的なサービス、金融などの新興産業を一体化とすることを目指しています。

2018年末時点、晋能グループの売上高は1兆7097億円、収益は382億円となる。クリーンエネルギーに関わる総発電規模は122.72万kWを見込み、既存の発電量は21億kWhとなります。さらに、世界トップの太陽光発電技術を誇ります。又、65箇所の炭坑を所有し、石炭の年間産量は8,448万トン、年間取引規模は1.65億トンとなります。12か所の火力発電所を所有し、総発電規模は795.2万kW、発電量は251.4億kWhとなり、中国山西省内の最大規模の熱源供給企業となる。

※ 詳細な内容は、「晋能グループ web( www.jinnengjt.com  )」を参照してください。

 

  • 火力による発電量 251.4億kWh

  • 新エネルギーによる発電量 21億kWh

  • 石炭の取引規模 1.65億トン

  • 売上高 17097億円(1036.2億元)