晋能清潔能源科技有限公司(以下、「JINERGY」)は、晋能グループより2013年12月31日に設立されました。当社は世界トップの太陽光発電システムメーカー及びグリーンエネルギーサプライヤーを目指しています。

 

当社は世界トップクラスの開発・管理チームで構成し、チームメンバーには、中国の「千人計画」のメンバーに名を連ねる専門家、米国留学経験が豊富で博士号を取得したメンバー、国内の太陽光発電産業の有為な人材がいます。「新製品の生産・開発・ノウハウの蓄積」という重点戦略を堅持するとともに、革新的な技術によって、持続的な改革をリードし、効率的な運営に向けて、リーン生産の理念を導入しています。1年以内に「技術・コストの面で最も競争力のある企業となり、電池・モジュールの生産規模で世界トップ5%の企業を目指す」という目標を遂げました。

 

現在、当社は、太陽電池の年間生産量1.GW・太陽光発電モジュールの年間生産量1.2MWを誇る生産拠点を山西省文水県に設立しました。2017年には、山西省晋中市に超高効率ヘテロ接合太陽電池とモジュール生産拠点を設立し、3年に及ぶ建設工事により、2GWの年間生産量に達成あることが見込まれます。2016年末時点に、当社の高効率多結晶シリコン型太陽光電池の平均的な効率は18.9%を超え、275W多結晶シリコン型太陽光発電モジュールの大規模な生産を実現させています。

 

グループ内のグリーンエネルギー分野の製造企業として、晋能科技は技術の革新を行い、生産設備をインテリジェント化して、製造をフレキシブル化するための知能的製造戦略を徹底させている。そのことにより、PV製造技術の向上を図り世界トップレベルの量産を狙って設計計画を行いっています。また知的財産権に基づき、全てのラインの統合を行い、同時に主要なプロセス用機器に対する改良を図り、電池とモジュール生産の現場で全面的な自動化とMESERPなどのインテリジェント化製造管理システムを実施し、生産投入、設備状態、品質管理、環境監視などについて全て自動監視と調整を実現します。その上で、製品の生産プロセスを追跡可能にし、顧客の利益を守るとともに、品質の持続的向上に特化した技術サポートを提供している。


会社概要

JINERGY 会社の概要 2.2.pdf
本网站由阿里云提供云计算及安全服务 Powered by CloudDream